TitanFX(タイタンFX)の特徴|スキャルピング向けの海外FX業者

TitanFX

TitanFXのレバレッジは最大500倍

タイタンFXの取引では、最大レバレッジは500倍まで適用できます。
ロスカット水準は20%なので比較的低めという点も特徴で、初めて海外FXに挑戦する投資家にとっては魅力的なシステムと言えるでしょう。
もちろん海外FXのメリットであるゼロカットシステムを採用しているので、証拠金を超えた金額での損失に対しては、支払いの義務が生じることはありません。

TitanFXの口座タイプは2種類

タイタンFXの特徴は、手数料のかかり方によって選べる2種類の口座がラインナップされている点があります。

Zeroスタンダード口座

まず1つ目の口座は、取引手数料がかからないスタンダード口座で、この口座を利用すると手数料はスプレッドに含まれるという特徴があります。
スプレッドに手数料がかかるため、もう一つの口座と比べるとスプレッドはやや広めとなりますが、それでも他の海外FXと比べるとスプレッドはかなり狭いという点は見逃せません。

Zeroブレード口座

そしてもう一つの口座は、スプレッドを低く抑える代わりに取引手数料がかかるという特徴のブレード口座となります。
この口座はECN方式に近い方法を採用しているのが特徴です。

もともとECN方式では、投資家が出した注文がそのままダイレクトに市場に入るため、スプレッドに対して手数料がかからないというメリットがありましたが、売り注文に対して買ってくれる相手が見つからなければ約定できないというデメリットがありました。
その約定力に対して不満を持つ投資家はとても多かったため、TAITANではECN方式に近い方法を採用していますが、実際にはTAITANが仲介に入ってマッチングを行っているため、実際のECN方式よりも高い約定力が期待出来るという魅力があります。

プラットフォームはMT4・MT5選択可能

タイタンFXでは、スタンダード口座もブレード口座も取引には世界標準と言われているMT4とMT5を利用しています。
どちらの口座タイプでもMT4とMT5の選択可能なので、すでに他の海外FXを利用した経験がある投資家にとっては、プラットフォームの利用に違和感を感じることなくスムーズにTAITANを使いこなせるのではないでしょうか。

入出金の方法が充実

TitanFXの特徴の一つに、入出金の方法が豊富という点があります。
海外FXの場合には、海外の口座へ入金しなければいけないため、できるだけ迅速かつ安い手数料で入金できる方法が好まれます。
そこで、クレジットカードが主流となっているわけですね。

TAITANではもちろんクレジットカードによる入金に対応していますが、その他にもBitwallet(ビットウォレット)やSTICPAY(スティックペイ)を使った入出金、そして海外のTAITAN口座へ直接銀行送金する方法など、多種多様な方法に対応している点が特徴です。

中でも安全性が懸念されるクレジットカード入金に関しては、TAITANでは事前にクレジットカードの登録を義務付けることで、安全性を強化しています。
この事前登録では、クレジットカードの登録をする際にかかる時間は5分程度と短いのですが、独自に導入した認証システムを採用することによって、より安全なカード登録を可能にしています。
カードを使った入出金なら、リアルタイムに入金ができるので、投資家にとっては安全性が強化されたことによって、より大きな安心感を得られるのではないでしょうか。

日本人投資家には嬉しい24時間サポート

海外FXを利用する時には、万が一のトラブル時にどんな対応を受けることができるのかという点はとても心配なものです。
語学が得意ではない人はもちろん、得意な人でもトラブルの時には頭がパニックになりやすいため、日本語でのサポートを受けられるというサービスは大きな安心感につながるでしょう。
このTAITANでは、海外FXの中ではとても珍しく唯一と言っても過言ではない、24時間日本語サポートを実施しているという特徴があります。
海外FX業者の中には、日本語対応していてもメールのみとか時間帯が限られているとか、混雑していてなかなかつながらないということが多いのですが、TAITANでは24時間常に日本語を話すスタッフが常駐しているので、安心です。

TitanFXの会社概要

海外FX業者 TitanFX
登録法人名 TitanFX Limited
バヌアツ共和国
住所 1st Floor, Govant Building, Port Vila, Vanuatu
設立年 2014年
登録法人番号 40313
金融ライセンス VFSC:バヌアツ、SPR:ニュージーランド
サポート 日本語対応ライブチャットサポート
サポート営業日・営業時間 平日24時間

日本人投資家から信頼を得ているTAITANは、オーストラリアを拠点とする海外FX業者で、同じくオーストラリアを拠点としていたPepperStoneというFXを前身としていると言われています。
もともとPepperStoneを始めオーストラリアのFX業者の中には、日本の投資家を対象としたサービスを展開していましたが、オーストラリアの金融庁から日本向けのサービスを停止するようにと通告があったために、撤退を余儀なくされたといういきさつがあります。
その後、PepperStoneの上層部数人でTAITANという別の海外FXを立ち上げ、それが2014年から運営をスタートしたというわけです。
日本向けのサービスは2015年からサービス開始となっていますが、PepperStoneの運営メンバーの多くがTAITANの運営に携わっているため、日本人サポートなどが手厚く充実していると評判です。

タイトルとURLをコピーしました